命を守るために地震の予測情報をチェック!

ウーマン
  1. ホーム
  2. 大規模災害へ備える

大規模災害へ備える

地震

大規模災害発生時の情報

一度大規模災害が発生すると大きな混乱を招く恐れがあり、常に防災について考える必要がある。その中で日本では最も身近な地震についてどのように備えていくかについて考える必要がある。日本は地震大国であり近年でも大地震が多数発生している。代表的な例としては阪神・淡路大震災、東日本大震災、直近では熊本地震などが挙げられる。以前に比べて予測の精度が向上している一方で、大規模災害に対して各人がどのように備えるかは非常に大きな問題である。発表するメディアも地震予測や津波予測をどのように読み解き、報道するかによって人々の命運が決まってくる。東日本大震災後に地震による津波が発生した際にオーバーな表現で非難を呼びかけたことは記憶に新しく、予測を報道する側は情報をしっかりと精査する能力が必要で、いつ何時大規模災害が発生するかはわからないが、報道する側は冷静に予測に対する状況判断を行い、避難を呼びかける際にも冷静に呼びかけ、報道を見る側もしっかりとした状況判断と正しい情報を捉える必要がある。また、テレビ報道だけに頼らずネット情報も参考にして自分で正しい判断をできるようにする必要がある。そのためには日頃からテレビの情報だけではなくネット情報もしっかりと確認をしてそれらの情報を鵜呑みにせずに真偽を見極める目を養う必要がある。また、災害に備えて防災グッズを完備しておくことも大切である。頭巾や非常食といった防災グッズはスーパーやコンビニなど様々な場所で手に入る。非常食は保存も効くので、長期に渡って手元に保管できるだろう。